感謝の気持ちで投げ銭を送る視聴者もたくさんいる

大人だけではなくまだ10代の子供世代でもスマートフォンは身近なアイテム、様々なアプリを使いこなすのは子供たちの方が上かもしれません。
ライブ配信アプリに関しても若い世代はとても強く、何に対しても興味を抱く層ですからライブ配利用をする事は、もはや特別なことではありません。良い暇つぶしでの利用は最も多くみられる理由ですが、動画配信をする人たちの理由として、顕著な要因は収入を得ることが目的ということです。お小遣い稼ぎが手軽にできてしまうのも動画ビジネスの美味しい部分、利益を目的としての配信はすでに浸透をしています。

投げ銭をもらえることでそれが収入につながるのですから、普通にバイトをするより稼げる可能性はライブ配信を通してするだけなのに、投げ銭をもらえるなんてお小遣いが欲しい人にとっては大変効率的で都合の良いやり方です。自分の部屋にいておしゃべりをするだけで、楽しく気ままにできるのに稼げる可能性があるのですから、 テンションが上がらないはずはありません。

一方的ではなくライブ配信をこなうことで、コミュニケーションをとることになると、配信を受ける側の支払いたい気持ちにはスイッチが入ります。投げ銭サービスも視聴をする側に自分も投げ銭をしたいと思わせる仕組みがあり、それが目立つようなカラフルカラーを使った投げ銭です。

一目瞭然でみんなが支援をしているのがわかると、人間とは自分もしなければという気持ちになってきます。そうした状況を気が付かないように仕込んでいるのも上手いところ、支援額にもよりますが表示が目立つ位置にされていたり、ランキングなどが付けられていたら、やはり目指したいと考えるのはナンバー1です。

見る側もそんなにお金があるわけではないものの、応援したい気持ちに火がついて投げ銭をしてしまう人はたくさんいます。稼げる個人事業主のライバーなどは特に視聴者へのサービスは忘れないもの、投げ銭をしてはいない視聴者に対しても、話を振ってくれたり親し気に名前を呼んだりするので、そのお礼の気持ちで投げ銭をするというのもよくあることです。

全てのライバーが個人事業主というわけではなく、趣味や気軽なお小遣い稼ぎでライバーをしている人もたくさんいます。
しかし本業で個人事業主としてライバーで、生計を立てている人もいて、彼らの配信は視聴者へのサービスはやはりワンランク上です。稼げる個人事業主のライバーは、視聴者の心を鷲掴みにできるコツを掴んでいますし、ライブ配信による気軽なコミュニケーションは広い世代が惹かれることになりました。

タイトルとURLをコピーしました